脱毛エステとクーリングオフのおすすめ

脱毛エステに通いたくても、不安に思うことはいくつかあるでしょう。

そのうちの一つが、「強引な勧誘に遭ったらどうしよう」でしょう。

かつては、強引に契約に持ち込まれて、泣きを見た人が多かったのも事実です。

ろくに料金の説明をせずに、気がついたら払いきれないような金額になっていた。自分が必要としいていない部位の脱毛まで、契約させられた……などなどです。

ひどいところは、「契約のハンコを押すまで、帰してもらえなかった」なんて話まであります。

これらは一時、社会問題化しました。今はネットで情報が広まるので、これらの悪評のせいで倒産した大手エステもあります。

今ではかなり沈静化したようです。また、国の方でも法整備を進めています。

クーリングオフの制度もエステまで適応範囲が広げられました。消費者を救ってくれる制度で、特にうっかり契約してしまった時に効力を発揮します。

ただし、きっちりと条件や手順が決まっています。

たとえば、相手に通告するのは契約した日から八日以内です。はがき一枚で済むような内容なのですが、何を書くかも決まっています。

この期間が過ぎたならば、クーリングオフではなく、途中解約の手順をとることになってしまいます。面倒になることは間違いないです。

ですから、エステに出かける前に、一度、どんな内容で適用されるのかを、ちゃんと調べておきましょう。また、もし、クーリングオフの必要を感じたら、すぐさま行動に移しましょう。